チャンピックスが禁煙成功率を高める理由

禁煙に対する意識が多くの人の間で高まり、禁煙外来の勧めがコマーシャルで流れたり、様々な禁煙グッズが販売されるようになりました。

そして禁煙を成功するための一つの方法として、チャンピックスという内服薬があります。

 

そもそも禁煙が難しい理由とは、タバコを止めることで起こるニコチン切れの症状に耐えきれないことが原因なのです。

そのため、イライラといったニコチン切れの症状を抑えられるならば、禁煙に成功しやすくなると言えます。

 

通常喫煙をすると、脳のニューロンにあるニコチン受容体にニコチンが結合して、快楽物質であるドーパミンが放出されます。

チャンピックスには、バレニクリン酒石酸塩という有効成分が含まれており、この成分もニコチン受容体に結合する事が出来るのです。

そして、ニコチン受容体に結合してニコチンよりも少量のドーパミンを放出する事で、禁煙によるニコチン切れの症状を和らげてくれるため、禁煙の成功率を高める事が可能となります。

 

またチャンピックスにはこうした効果の他にも、喫煙をする事で得られる満足感を抑制する効果もあります。

そのため、今までのように喫煙をしても満足感を得られなくなるため、タバコを吸いたいという気持ちが徐々に薄れていくのです。

 

チャンピックスは、こうした2つの効果によって禁煙を成功へと導いてくれます。

ニコチンパッチなどとは違って、チャンピックスはニコチンが含まれていませんから、ニコチン依存からよりスムーズに身体に負担をかけずに脱却することが出来るのです。