禁煙による治療と治療薬について

喫煙は人体に害のある行為であり、自身だけではく周辺の人間にも健康被害があると知られている。

そのために重要な事が禁煙である。

煙草が依存性があるため、煙草を断つ禁煙は簡単に行う事ができるものではない。

では、どのようにして禁煙を行うだろうか?

 

よく知られている方法の一つが、代替の物を用意するという禁煙法である。

例えば、煙草経ちをして禁断症状が出た場合、ニコチンを含むガムや飴などを使用して症状を抑えるといった禁煙法である。

こうすれば、喫煙を行わずとも禁断症状を抑えることができ、禁煙に至ることができるのである。

 

では、それ以外にはどのような禁煙法があるのだろうか?

例えば、薬を使った禁煙法はどのようなものがあるのだろうか。

禁煙のための薬の一例として、チャンピックスという薬があり、これは、禁煙用の飲み薬で、主に禁煙に役立つ二つの効果がある。

 

まず、ニコチン切れによる禁断症状を抑える効果だ。

これは、上で書いた代替の方法とは異なり、ニコチンそのものを体から絶つことを目的とした効用である。

量を減らすににしろ、いきなり絶つにしろ、最終的な目的はニコチンを完全にゼロにすることである。

この方法は代替よりもニコチン絶ちを早める必要がある場合に役立つだろう。

 

もう一つが、喫煙を行った際の感覚への働きかけを防ぐ効果である。

この効果を説明するのならばたばこが「おいしい」と感じる状態を防ぎ、煙草そのものへの興味を和らげるという効果である。

 

禁煙は長期に及ぶ物なので、その治療期間は長い。

自身に合った禁煙法で禁煙を行う事が重要である。